吃音症 治し方

吃音の診断と治療とは

  • どもってしまって人前で話すことができない
  • 人と話すがイヤになって引き篭もりになってしまった
  • 吃音で仕事や勉強に支障が出ている

 

このサイトをに訪問いただいた方は、吃音に悩んでおられ方だと思います。でもご安心ください、当サイトではそんなあなたの悩みを解決する方法をお伝えしています。

 

吃音は治るの?

そもそも吃音とその治療法とはどういうものでしょう。

 

吃音症は他者とのコミュニケーションが上手に行うことができない言語障害の一種のような症状の病気です。そのため、吃音症の治療は、基本的には言語障害などを治療する「言語聴覚士」という専門家によって行われます。

 

吃音症の診断を行うのは基本的には言語聴覚士がいる耳鼻咽喉科になります。耳鼻咽喉科以外では、神経内科などにも言語聴覚士がいて、その医師自身に吃音の知識があれば診断が可能となっています。

 

吃音の治療法

吃音の治し方としては、言語療法と言ってお腹の「丹田(たんでん)」と呼ばれるへそのあたりに力を入れて、第一語を引き伸ばしてゆっくりと話すという「抑制法」が代表的です。あるいは、軽くどもりながらも楽しく話ができるようにする方法などもあります。

吃音で悩む男性

 

そのほか、語学聴覚療法や、薬物によって会話の時に極度に緊張する状態を和らげてあげる薬を投薬して会話を楽しむことができるようにする薬物療法認知行動療法行動療法心理療法などを行います。

 

子供の吃音

学童期前後の子供の吃音は比較的完治しやすいと言われています。自己流の治し方を試すのではなく、専門の言語療法士がいる療育施設などで治療を行うことで完治ができると言われています。

自分でできるおすすめの吃音改善法

さて上記のように、専門医によって吃音を治療してもらう方法はあるのですが、医者にかかるのは億劫だったり恥ずかしくて行けないという方も多いようです。

 

そして治療法があるといっても、実際のところ今だに吃音の原因が特定されているわけではないので、治療法も確立されていません。あるいは治療法と言っていてもその効果にはかなりの個人差があり、ある患者さんには効果があったが、別の患者さんには全く効果なしといった事が普通です。

 

そのような現状なのですが、一方で現在では通院も薬も不要自宅に居ながら自分で吃音を改善できるノウハウがネット上で販売されています。

 

一見非常に怪しいうえに、そのノウハウの数も非常に多く玉石混交というのが実態です。

 

ですので、ここでは、それらの中からネット上での実際の評判や売れ行きを元に、信頼できるノウハウを管理人が実際に確認した上で紹介しています。

 

書店で販売されている一般の書籍よりは高額ですが、それだけ吃音の改善だけに特化した秘匿性の高い情報が入っているからです。ちなみに、万が一効果がなかった場合の返金保証もついているので購入者にリスクはありません。

 

以下に紹介する教材が、全体での販売本数も多く、当サイトでもよく売れているものです。

 

それぞれの公式サイトを見るだけでも、同じような悩みを抱えた方の体験談や、吃音改善へのヒントが出ているので参考にしてみてくさい。

【M.R.M】吃音改善プログラム

ネット上で販売されている吃音改善法としてダントツの人気と販売実績を持つマニュアルです。動画と冊子で構成され、作者の中村しょう氏自身が吃音を克服した経験が非常にわかりやすく解説されています。

販売ページにご本人がばっちりと顔出しで登場されているのも内容に対する自信の表れと言えるでしょう。万が一効果を実感できなかった場合の返金保証つきです。
評価:

 

>>公式ページで詳細を見る

※公式ページでは実践者さんの体験談が
どんどん追加されて掲載されています。

 

吃音3週間改善ガイドブック(販売終了しています

こちらも作者の宮本英俊氏自身が長年悩んでいた吃音を克服した方法をマニュアル化した教材です。1位の教材には負けますが、評判・実績ともに高く、内容の実現性も確かなものです。

またこのマニュアルの販売会社が、不妊症や乾癬などの悩み系教材のベストセラーを出しているところで、信頼性でも問題ありません。返金保証つき。
評価:

 

※販売終了しています

 

 

 

 

管理人から一言
1位のほうがやや高額ですが、作者によるメールサポートがついています。どちらも良質なマニュアルですので、公式ページをご覧になってフィーリングの合うものを選んでいただいてOKです。もし迷われたときは、1位のMRMで問題ございません。

吃音とは

吃音というとあまり聞きなれないという人も多いと思いますが、「どもり」というとなんとなくイメージが付くと思います。

 

言いたいことは頭の中でちゃんと分かっているのにもかかわらず、いざ言葉に出してみると、流暢に言葉を出すことが出来ずに、喋りにくいというものが特徴的なコミュニケーション能力に関係する障害の一種になります。

 

吃音の障害を持っている人には、言葉の出だしが止まってしまう「阻止」、言葉の出だしを何度も繰り返してしまう「繰り返し」、言葉の出だしを無意味に伸ばしてしまう「引き伸ばし」といったような発声の困難がありあます。

 

また、言葉を発声しようという意識が強すぎて緊張をしてしまったり、言葉の発声が難しく顔をしかめてみたり、地団太を踏んでみたりするといった「随伴症状」を伴うことも良くあります。

 

このため、吃音障害を持っている人は難しい言い回しを不得意とし、会話をする場面から回避して自己防衛を図ろうとする人も多く、周りの人の理解がないと生活上に様々な困難を伴うことが多い障害だと言われています。

 

吃音の原因は不明で、現在のところ有効な治療法も確立されていないのが現状です。